司法書士とは

司法書士とは、他人の依頼をうけて、登記または供託に関する手続の代理や、裁判所、検察庁、法務局に提出する書類の作成をおこなうことを主な業務とする法律専門職の国家資格者です。

また、簡易裁判所における代理権を付与された司法書士(認定司法書士)は、簡易裁判所での訴訟代理や和解交渉もおこなうことができます。

司法書士は、国民の身近な法律の専門家として、時代と共にその役割をになってきました。

1872(明治5)年、司法職務定制が定められ、「証書人・代書人・代言人」の3つの職能が定められました。この代書人が現在の司法書士です(証書人と代言人はそれぞれ現在の公証人と弁護士です)。

1935(昭和10)年には、司法書士法が制定されました。その後、時代の流れとともに司法書士法の改正が行われ、2002年には、簡易裁判所における訴訟代理等を行う業務も司法書士の仕事として加えられました。

現在の競争社会で、紛争を迅速に解決するために、身近な紛争の解決の担い手として、司法書士があなたのお力になります。

あなたが法律上の問題で悩み、ひとりで解決できない時、その解決に向け、使える法律の知識とアドバイスを提供する、それが司法書士の仕事です。

あなたがお住まいの地域でも「司法書士」の看板を見かけたことがあると思います。プライバシーや秘密は厳守いたします。安心してお近くの司法書士にご相談下さい。司法書士の仕事»

高校講座 新潟司法書士会調停センター 求人情報 有資格者の方へ 解決サポート リーガルサポート新潟支部025-228-1727

pdf[PDF]ファイルをご覧頂くにはAdobe Readerが必要です。下記バナー画像から無料でダウンロードの上、ご利用ください。
Adobeリーダーサイトへ

このページ先頭へ▲