現在位置:

調停センター手続きの流れ

当調停センター(Smile)を御利用される場合は、まず「裁判によらずに、話し合いで紛争を解決したいのです。」と、あなたの意思をおっしゃって下さい。

私たちは、あなたがたの言い分に、調停の専門家として耳を傾けます。まず、私たちにお話しをお聞かせ下さい。

電話・ファックス・司法書士会メール・手紙などで、当調停センターに、お気軽にお問い合わせください。

調停の進行について

調停センターの手続きは下記の流れで進行します。なお申込書は、当調停センターにご用意しております。

調停の進行についてPDF

1利用希望者への手続き内容の説明
紛争の目的の価額が140万円を超えない民事に関する紛争が対象となります。
2利用希望者による調停の申込み

1回のみ無料で事前法律相談を受けることができます。
15,000円(税別)を指定口座にご入金ください。尚、振込み手数料は利用者様負担となります。

3事案の検討:調停センターで取り扱える事案かの決定

事案内容により受理の場合と不受理の場合で手続きが分かれます。

取り扱えない場合とは?
・離婚したい ・養育費を請求したい ・遺産分割をしたい ・140万円を超える紛争・・・など

4決定後の手続
受理の場合 不受理の場合
調停手続きの開始 【終了】 申込書等の返還※15,000円(税別)をご返金
5相手方への手続き内容の説明
1回のみ無料で事前法律相談を受けることができます。
6相手方が調停に応じるかの意思確認
担当者が相手方に連絡をします
相手方が調停に応じる場合 相手方が調停に応じられない場合
当センターは調停人を専任します 【終了】 当センターは調停手続きを終了します
7相手方が出席を承認
第1回の調停期日のご案内を双方にご連絡します
8第1回調停期日の開催(調停期日を重ねることも可能)

調停人が話し合いのお手伝いをします。

手続実施手数料:1期日当たり金10,000円(税別)

※第1回調停期日については、申込人が負担します。※第2回以降の調停期日については、当事者間に特段の合意がない限り、申込人と相手方の均等負担になります。

9調停の終了

【和解成立】合意書を作成することができます。作成手数料:1事件につき20,000円(消費税別)

【取下書提出】申込人は、取下書を提出することにより、いつでも調停手続の取下げをすることができます。

【離脱書提出】相手方は、離脱書を提出することにより、いつでも調停手続から離脱することができます。

ご質問等ございましたら、当調停センターまでお問い合わせください。

新潟県司法書士会調停センター(Smile)

  • 【受付時間】毎週月曜日~金曜日:午前9時~午後5時まで(祝祭日を除く)
  • ※調停は、当センターと当事者との合意により上記以外の日時で行うことができます。
  • 〒950-0911
  • 新潟市中央区笹口一丁目11番地15 新潟県司法書士会館内
  • TEL:025-244-5121FAX:025-244-5122
  • Mail:メールご利用の場合はこちらから