現在位置:

当会会員の追送検報道に対する会長声明

2021年5月20日

 業務上横領の疑いで当会所属の会員が逮捕されたとする令和2年11月19日の報道の続報として、令和3年4月14日、1億1,400万円の業務上横領の疑いで、当該会員が追送検されたとの報道がありました。被害総額は、1億2,800万円に上るとのことです。
 当該会員の行為は、財産管理人としてあるまじき行為であり、財産管理人制度及び司法書士制度に対する国民の信頼を大きく裏切る許し難い行為です。
 関係各位及び市民の皆様には、多大なご迷惑やご心配をお掛けし、当会として深くお詫び申し上げます。
 当会は、全会員に対し倫理研修などを通じて、不祥事の防止に向けて様々な努力を重ねてきたところでありますが、あらためて全会員に対し、司法書士に求められる使命・職責の周知徹底を図り、もって、倫理意識を一層高め、司法書士の社会的信用を損なうことのないよう努めてまいります。

令和3年5月20日

新潟県司法書士会
会 長 鈴木利益

お知らせTOPへ